ピアノソナタって何ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、海野真理です。
そして…。

あけましておめでとうございます!!

14年目に突入しましたメルマガ、今年もたくさんの
いろんな音楽話を皆様と楽しみたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 

さて、新年最初のお話は
「ピアノソナタって何?」というお題です。

ピアノソナタって何?

目次

  1. ピアノソナタ〇番というものをよく見かける
  2. ソナタ形式って何?
  3. 是非一度、意識して音楽を聴いてみてください

 

ピアノソナタ〇番というものをよく見かける

ピアノリサイタルなどのプログラム、いろんな曲が
並ぶ中で、必ずと言っていいほど

ピアノソナタ〇番」

というものを見かけると思います。
 

これ、題名だよねえ。

でもいろんな作曲家の曲でこの題名見かけるし。

一体何者?ピアノソナタ…。

一度はこんな疑問を持たれたことがあるのでは、と思います。

このピアノソナタ、もちろん曲名なのですが、
正確に言うと「音楽の形式を曲名にしたもの」なのです。

音楽の形式にはいろんなものがあります。

プレリュードとか、フーガ、メヌエットやワルツ、
スケルツォ、ロンド…、他にもいろいろありますが、
これらはすべて曲名としてもソナタと同じく
見かけたことがあると思います。

そもそも形式、って何?音楽に形式ってあるの??

あるんです!

世の中にもいろんなもので形式はありますが、音楽で言うと
「その曲がどのようにな造りで出来上がっているか」ということで
いろいろ分けられます。

ソナタ形式と呼ばれる形式で書かれた曲が、
「ピアノソナタ〇番」と呼ばれるようになるのです。

あ、そしてこれはピアノだけに限りません。
ヴァイオリンソナタも、フルートソナタもあります。

その楽器のために書かれたソナタなので、
当然名前も変わります。
 

ベートーベンが作曲したピアノソナタ、モーツァルトが
作曲したピアノソナタ、それぞれたくさんあって
番号が付いていて、曲によっては
副題がついているものもありますね。

超有名なのはベートーベンの

ピアノソナタ第14番嬰ハ短調作品27-2「月光」

月光ソナタ、と言ったりもします。
 

現代の曲にはタイトルが付くのが普通なので
(なごり雪とか、太陽がくれた季節など)

クラシックは「ピアノソナタ○番」とか、そもそも
違う作曲家で大量にピアノソナタがあって
見分けがつかない、わけが分からないとか
あるかもしれませんね。
 

ソナタ形式って何?

では、ここからが本題!

ソナタ形式って何???

一言で言うと

主題提示部、展開部、主題再現部からなる楽曲。

…はい???何でしょう、この呪文のような文字。

ですよね!

でも本当に一言で言うとこれが一番分かりやすく
簡潔なんです。

そしてなんのこっちゃではあるけれど、
よーく読むと何となく解読できそう。

まず主題という言葉。

これはメインテーマみたいなものです。

私たちが「この曲ってどんな今日だっけ?」と聞かれて
ふんふん、と口ずさむメロディ、これがほぼ主題です。

なので主題提示部というのはこのメロディが提示される
部分、メロディがババ─ンと登場する部分です。

そして次の展開部、ここは展開していく、
まさにそのままです。

今までのメロディとは全然違うものが現れます。

長調だったものが短調になるパターンは本当に多いです。

そして最後は主題再現部、再現されるわけですから、
再び主役であるメロディが登場!

そして少し飾りつけされていたり、曲がいよいよ
終わります!という部分に向かって
派手になったりします。

コーダ、という曲の終わり部分へ移っていったりもありますね。

この形式で作られた曲がすべてソナタ形式、となります。
 

是非一度、意識して音楽を聴いてみてください

難しそうに見えて、実は分かりやすい。

CDなど聴きながら、冒頭のメロディを楽しみ、
途中からあきらかに変わった部分で、
「あ!展開部に入った!」と分かると思います。

そしてここは全く違う音楽を楽しめる、味が急に
変わった感じで楽しめます。

そうしていたら、あれ?最初のメロディに戻った!
という部分をすぐに発見できます。

そうです、ここが再現部です。

この形式はとても良く出来ています。

きれいに完結するし、音楽としてもとても楽しめる。

これが形式となる理由が分かるような気がします。
 

そして、これを知っていると少しカッコいいですよね!

「あ、この曲はソナタ形式だね。今展開部に入ったね。」
なんて言うと、お!この方は音楽も達人だ、凄い!
と思われるかも。

アカデミックな音楽の楽しみ方、これも
なかなか楽しめます。

是非一度、意識して音楽を聴いてみてくださいね。
 

♪私もピアノを月光ソナタを弾いてみたいな。

♪今からでもピアノが弾けるかな?
 

★そんなあなたに朗報です!★

DVD付きで、見てすぐわかる!
海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

「楽譜が読めない」
「忙しくてレッスンに通えない!」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には名曲が弾ける!!

さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

海野先生の楽しいピアノレッスンを、あなたの自宅へお届けします。
→ 30日でマスターするピアノ教本&DVD 海野先生が教える初心者向けピアノ講座はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

30日でマスターするピアノ教本&DVD

受講者数15,000人突破!
ピアノ教室のピアノレッスンをまるごと自宅へ!
海野先生が教える初心者向けピアノ講座

【セット内容】
DVD3枚、楽譜3冊、ピアノ教本1冊、特典1冊

収録曲
ベートーベン作曲「第九」 / ホルスト作曲「ジュピター」 / ショパン作曲「別れの曲」 / 伊勢正三作曲「なごり雪」 / ドヴォルザーク作曲「遠き山に日は落ちて」 / 谷村新司作曲「いい日旅立ち」


詳しい内容はこちらから