自宅にピアノがなくても練習できる3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ピアノを弾いてみたい、と思っても。

ピアノを家に置くスペースがないと
買うのもためらってしまいますよね。

ですが、ピアノがないと練習もできません。

そこで、ピアノは弾きたいけど、ピアノは家にない、という方へ。

実は、ピアノがお家になくても、ピアノを練習できる方法があるんです。

だから、本格的なピアノはなくても大丈夫。

自宅にピアノがない人でも。

ピアノを弾く感覚を身に着けたり、

指の動きをトレーニングしたり、

本格的なピアノで練習したり、

ピアノを思いっきり楽しめる方法をご紹介します。

 

目次

  1. 高性能で小さいピアノがあります。
  2. やっぱり本格的なピアノを思いっきり弾きたくなったら。
  3. ピアノ上級者も指のトレーニングに使うピアノがない時の練習方法
  4. まとめ

 

1、高性能で小さいピアノがあります。

小さいピアノならなんとか置けるんだけど・・・
という方なら。

電子ピアノがおすすめです。

しかも、今の電子ピアノはとっても性能が良いです。

鍵盤も本物のような押し心地のものもありますし、
何より静かに練習したいとき、ヘッドホンをつけて、
練習できるのがとっても便利です。

朝早くや夜遅くでもまったく周りや家族に気を遣わずに、
思う存分練習できます。

ピアノの先生もおすすめする
電子ピアノはこちら

・カシオさんが出されているPriviaというシリーズです。

 
鍵盤を押さえた感じも適度な重さがあり、
初心者の練習用には十分楽しめます。

こういった電子ピアノは楽器店だけでなく、家電屋さんでも
見ることができます。

ぜひ、見つけたら試し引きをしてみていただくことをお薦めします。

お値段も6万円前後ととってもお手頃なところが、
主婦には嬉しいですよね。

さらに、余談ですが・・・

ヤマハさんからとっても面白い電子ピアノも出ています。

「ハイブリッドピアノ」というピアノでより本格的な音とタッチで、
さらにヘッドホンで演奏もできる優れものだそうです。

これは、鍵盤やハンマーは生のグランドピアノのものを使用されています。
中の音を出す仕組みだけは電子だそうです。
なので、タッチがかなり本物のピアノに近いです。

2、やっぱり本格的なピアノを思いっきり弾きたくなったら。

次に、どうしても家に電子ピアノさえ置くスペースがない。

続くかどうかわからないのに、いきなり買うのは不安。

せっかくだから思いっきり大きな音で練習したい。

という場合は・・・

ピアノと練習室を貸し出している場所へ行って、

借りて練習すると、お手軽にしかも本格的なピアノを
思いっきり弾いて楽しめます。

実は、市区町村などは各自治体のホールなど、市民や町民に時間を区切って
練習部屋とピアノを貸してくれるところがあります。

しかも、だいたいのところがとってもお安い!

家の近所では、3時間で500円なんてところもありました。

さらに、さらに!

良いピアノを置かれているところもあるので、
こんな良いピアノを弾いてもいいの~?
ととっても楽しいです。

お部屋も防音になっていて、周りに聞かれる心配もありません。

ですので、思いっきりピアノを弾きたい、という方にもおすすめです。

他にも。

ピアノ教室でも、レッスンがない時にはピアノと部屋を貸して下さる
サービスもやっています。

あと、キーボードならバンド用の練習スタジオでも
練習することができます。

意外と調べてみると近所にピアノが弾けるところがあるので、
ぜひ探してみるか、自治体なら役所の担当者の方に
お尋ねしてみて下さい。

意外と穴場がみつかるかもしれません。

ですが、やっぱり家でも練習したい、
そんなときは・・・

3、ピアノ上級者も指のトレーニングに使う
ピアノがない時の練習方法

「紙の鍵盤」

というものもあります。

文字通り、ピアノの鍵盤が紙になったもので、
音は出ません。(笑)

主に指の動きを練習できます。

これはピアノ上級者も使っているそうです。

指の動きを忘れないように、少しでもたくさん練習したいときに、
どこでも持ち運べるので、便利だそうです。

実はこれに似た電子タイプで音が出せる鍵盤もあります。

紙鍵盤をそのまま電子ピアノにしたものです。

これならくるくるっと巻いておくと小さく収納できます。

ピアノを置くスペースがいらないので、
とっても便利ですね。

ただし、ペラペラなので鍵盤を押す感覚がなく、
少し違和感を感じます。

なので、予備の練習用と考えておくと良いかもしれません。

まとめ

ピアノは鍵盤を押して弾く、というのが基本の動作になるので、
弾ける時は鍵盤を使って練習するほうが良いかな、
と思います。

私、今ピアノを弾いている!
という実感も持てます(笑)

ですので、自宅では紙鍵盤などで練習しておいて、
時々ピアノの練習室を借りる、

そんな風に、賢く色々なサービスなどを使っていくと、自宅にピアノがなくても、
十分ピアノを楽しめる環境を整えられると思います。

ぜひ、楽しいピアノに挑戦する時に、
参考になりましたら幸いです。

※「紙鍵盤」もついた、とっても面白いピアノ講座をご存知ですか?
→ 30日でマスターするピアノ教本&DVD 海野先生が教える初心者向けピアノ講座はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

30日でマスターするピアノ教本&DVD

受講者数15,000人突破!
ピアノ教室のピアノレッスンをまるごと自宅へ!
海野先生が教える初心者向けピアノ講座

【セット内容】
DVD3枚、楽譜3冊、ピアノ教本1冊、特典1冊

収録曲
ベートーベン作曲「第九」 / ホルスト作曲「ジュピター」 / ショパン作曲「別れの曲」 / 伊勢正三作曲「なごり雪」 / ドヴォルザーク作曲「遠き山に日は落ちて」 / 谷村新司作曲「いい日旅立ち」


詳しい内容はこちらから

コメントを残す