日本演奏連盟新人選考演奏会優勝。
15歳でデビューリサイタルを開く。
クラシックはもとよりジャズ、カントリー、ラテンなど
幅広いジャンルを融合させたスタイルは類をみない。

主な経歴

1960年 ギタリスト古川律由の長男として大阪に生まれる
1975年 15歳でデビューリサイタル
京都市堀川高校音楽部コントラバス専攻を経て京都市立芸術大学音楽部へ
1980年 日本演奏家連盟新人選考会で優勝
アメリカ、テネシー州科学万博で7日間10回のコンサートに参加
1989年 デビューシングル「我が家のかぐや姫」をリリース(日本クラウン)
1990年 ザ・ベンチャーズのノーキーエドワーズ ジャパンツアーにゲスト出演
1994年 セカンドシングル「君がすべて」をリリース(日本クラウン)
1995年 アメリカ、ナッシュビルにて武者修行
1997年 ニューヨーク、カーネギーホールに於いて「ザ・ヤングピープルズコンサート」に出演
日中友好25周年、上海音楽院創立70周年記念祝賀招待演奏会にゲスト出演
1998年 アメリカ、ナッシュビルでレコーディングしたアルバム「テネシームーン」をリリース(日本クラウン)
2001年 大阪ガスマンドリンクラブ、ウィーン、プラハコンサートツアーにゲスト出演
アルバム「プラハ」をリリース
2003年~2004年 ヤマハ海外イベントでイラン、ベトナム、台湾にて演奏
2005年 アルバム「ソロデベンチャーズ」をリリース
2006年 「ソロデベンチャーズ」教則本発売(現代ギター社)
2009年 25年ぶりの古川昌義とのデュエットアルバム「シエスタ」をリリース
2010年 5月、思うところあって得度を受け、浄土真宗本願寺派僧侶となる
法名「釈 蓮楽」しゃくれんぎょうと読みます
これからは坊主ギタリストで生きて行きます

現在、関西を中心に活動する傍ら、ギター教室『テディーズ・ギター』を主宰。
テディーズギターのレッスン教室は18箇所にわたり、指導力の高さにも定評がある。
(2016年11月現在)

古川先生が現在指導している生徒数は約100名ほど。これまでの生徒指導数はのべ1600名を超える。
その中から現在、ギター講師として活躍する生徒も輩出している。

また、演奏活動にも力を入れており、年間30本のライブを精力的にこなしている。
古川忠義ギター教室『テディーズギター』