第1章 ギターの種類

アコースティックギター

主な種類:
クラシックギター、フォークギター、フラメンコギターなど

一言でアコースティックギターと言っても沢山の種類があります。

アコースティックギターというのは電源などを必要とせず、
楽器だけで音が出せるギターを総称して呼んでいます。

よく略して「アコギ」と言われます。

一般的にアコースティックギターというと、
フォークギターを指すことが多いです。


ギターは手軽に持ち運べて、どこでも演奏できます。
お友達や、恋人、ご家族と音楽を楽しむにはピッタリの楽器です。
また、吹く楽器とは違い、弾きながら歌を歌えるので
「弾き語り」スタイルが大変人気です。


ギターを詳しく見てみよう

ポイント1

フォークギターと
クラシックギターの違い

ポイント2

上から下へ音が高くなる

ポイント3

1弦は一番高い音の弦です。

ポイント4

各部の名称



第2章 サックスの歴史

ギターはヨーロッパからに日本に伝わった!?

ギターと日本の琵琶は仲間だった

ギターは、もともとはリュートと言われる楽器から進化しています。

リュートというのは、弦を指で弾いて弾く楽器で、中世(6世紀~15世紀)からバロック期(17世紀~18世紀)にかけてヨーロッパで使われていた楽器です。 このリュートが世界中に伝わり、様々な楽器に変化していきます。

その一つが、日本の琵琶です。 今の形のギターが登場したのは18世紀と言われています。弦が6本になり、サウンドホールといわれる 音を響かせる構造になっていきます。

エレキギターが登場したのは1930年代ですので、とっても新しいですね。



第3章 憧れのギターブランド

マーチン Martin ロゴ

マーチン Martin

アコースティックギターのトップブランドと言われる。
エルヴィス・プレスリーやポール・サイモン、エリッククラプトン、ボブ・ディランといった有名人が多く愛用するメーカーでも知られる。
現代のアコースティックギターの基準になった、老舗中の老舗。



ギブソン Gibson

1894年マンドリンの製作を始めたところが由来。
1902年にギブソン社として設立される。
世界でも有名なギターメーカーのひとつ。

デスポールモデルといわれるギターはエレキギターのスタンダードモデルになる。

日本でもアルフィーの高見沢さんや山崎まさよしさん、B’zの松本さんなど愛用者が多いことで知られる。

ギブソン Gibson ロゴ

テイラー Taylor ロゴ

テイラー Taylor

他2つと比べて、とても新しいギターメーカーで1974年に設立。

新しい構造のギター開発に力があり、最近注目を集めている。

弦の高さが低めにセッティングしてあることもあり、初心者でも弦を押さえやすく、疲れにくいと言われる。




第4章 ギターの演奏方法



フォークギターの構え方はコードを押えやすい姿勢になっている

フォークギターはコードという伴奏のように演奏することが多いので、弾きやすくするために、
ギターが水平で横に寝ている感じになります。

右利き、左利きというのはあまりなく、同じギターを使うことが多いです。

ギターは左足の上にポンと乗せる感じで、足台と言われる足を乗せる台は基本的に使いません。

フォークギターの構え方 イメージ



クラシックギターの構え方は左手を見やすく、動かしやすい姿勢になっている

上のフォークギターと比べて、左のクラシックギターの構え方はギターがググっと起きている
感じ
ですよね。

これは、クラシックギターは伴奏ではなくメロディーを演奏することが多いので、
細かく指を動かす演奏をします。

そのため左手が動かしやすく、また見えやすい構え方になっています。
左足は台の上に乗せています。

クラシックギターの持ち方 イメージ



なぜ、音楽経験ゼロの初心者でもたったの30日で憧れのギターをカッコよく弾けたのか!? あなたにも名曲が弾ける!初めてのギター講座 30日でマスターする初心者向けギター講座 3弾セット あなたの想像以上に短期間で楽しくギターを弾くための盛りだくさんな内容!! 詳細はこちら



ページトップへ